マンションの騒音問題、解消方法を考えるブログ

騒音マンションの問題解消方法は?子供や犬、楽器などトラブルの原因は多いですよね?結局分譲マンションでも引っ越ししかない?

マンション騒音問題について裁判を考える。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

f:id:yume-oi:20160313103203j:plain

私がマンションの騒音問題に遭遇した時、最初に考えたのは

マンション自治会であった。が、自治会は、この問題には一切かかわらない

と、言ってきた。

 

腹が立ったが、考えようによっては、こちらが騒音を出しても自治会は何も言わないよ、という意味でもある。そこで、私の「騒音には騒音返し作戦」

が始まった。

 

法テラスで、弁護士にも騒音問題の相談をしてみた(無料相談)

すると、弁護士は「騒音計で騒音を測れ」と言う。

騒音計は、市役所などで貸し出してくれる例もあるのだが

不幸にして、我が市ではそういう制度がない。

 

役所に相談すると、

「騒音問題は企業の騒音については対策があるが個人の騒音には対処していない」

と言うのである。ますます個人て対処するしかない。

 

マンションの各部屋の騒音を測ってくれる会社もあるのだが、だいたい10日前後で20万程度の日用がかかる。おまけに騒音を経る間、別の音が出てはいけないので部屋の住民はホテルなどに避難しなければならない。

 

つまり、現在の日本では、マンションで騒音を立てても裁判は割に合わない

 

こうやって、証拠を集めて裁判をしても、勝てるかどうかわからない

もし、勝てたとしても賠償金は数十万程度だという。

 

逆を言えば、こちらが音を立てて裁判をされても、負けた時点で100万も用意しておけばいいことになる。

だから「音には音返し」作戦をやっても、ある意味怖いものはない。

 

そうやって、統合失調症を抱えながら戦ってきて、騒音の鎮静には約3年もかかっている。

 

日本のに文句を言えばいいのか、日本のマンションの建て方の脆弱さに文句を言えばいいのか、憤懣やるかたない。