マンションの騒音問題、解消方法を考えるブログ

騒音マンションの問題解消方法は?子供や犬、楽器などトラブルの原因は多いですよね?結局分譲マンションでも引っ越ししかない?

マンション ピアノ騒音殺人事件 マンションの騒音は殺人事件にも繋がることがある

このエントリーをはてなブックマークに追加

f:id:yume-oi:20160521161000j:plain

 

 

マンションの騒音被害は、最近になって始まったものではない。

1974年に、ピアノの騒音で起きた殺人事件がある。

 

犯人の0は裁判により死刑が決まったが、全国から騒音被害にあった人たちの除名活動が盛んになり、死刑は取り消された。

 

だがOは拘置所の騒音がウルサクてたまらないので、死刑にして欲しい、と申し出た

だが、2016年の現在に至るまでOの死刑は執行されていない。

 

マンションの騒音くらい、と経験しない人は軽く言うが、マンション騒音は一歩間違えば事件になりうる大きな被害なのである。

 

国はもっと建物の騒音基準を高める、騒音に対してもっと厳しく取り締まる、などをして、こういった騒音被害を防ぐようにして欲しい。

 

以下が全国初(?)のマンション騒音殺人となる、ピアノ騒音殺人事件の詳細である。

 

 

 

1970年5月、殺人事件の犯人となるOと妻が平塚市の県営住宅に引っ越してしばらくしてから、階下に4人家族が引っ越してきた。この一家は2人の娘が幼いこともあって騒々しく、特に夫は日曜大工が趣味だったため工作音を出していた。両家の間にある床板は12cmしかなく、騒音は階上にも響きOはより神経質になっていった。Oはたびたび階下の夫婦に苦情を訴えていたが、夫婦は相手にすることもなかった。

事件の前年の1973年秋、階下の家族の長女がピアノを習い始め、階下からピアノの音が毎日のように流れるようになった。工場の工員を失業していたOは、妻との離婚話も浮上していた上に、ピアノの騒音にも苛まれるという状態であった。Oは階下家族に苦情を言うのみならず、「親が日曜大工で騒音を出しているから子供も遠慮しない」という旨の恨み節も述べたが、階下の夫婦は一笑に付すのみであった。やがて、Oはこの一家がわざと騒音を立てていると思い込むようになり殺害を決意。妻に仕返しを示唆する発言をするようになり、そのために刺身包丁を購入していた。1974年8月28日、朝から蒸し暑かったこの日も階下からピアノの音が聞こえ、O(犯行当時46歳)の怒りは爆発した。午前9時20分頃、階下家族の夫(当時36歳)が出勤して、妻(当時33歳)がゴミ出しに外出したのを確認したOは階下の一家宅に侵入して、ピアノを弾いていた長女(当時8歳)の胸を刺身包丁で一刺しして殺害。続いて、傍らにいた次女(当時4歳)を殺害した。2人を殺したOは、そばにあったマジックペンで襖に夫婦への恨み節を書きなぐった。それを書きかけていたところへ妻が帰宅したため、Oは妻も刺して殺害して逃亡した。Oは「海で死にたい」と思い自殺を試みるが失敗し、3日後の8月31日に出頭して殺人容疑で逮捕された。 (ウィキペア)