マンションの騒音問題、解消方法を考えるブログ

騒音マンションの問題解消方法は?子供や犬、楽器などトラブルの原因は多いですよね?結局分譲マンションでも引っ越ししかない?

騒音マンション 赤ちゃんの泣き声

このエントリーをはてなブックマークに追加

隣に住んでいるお宅に赤ちゃんが生まれた。

最初、「うにゃー、うにゃー」という鳴き声が聞こえてきた。

 

だから、「あれ、隣は猫を飼ったのかな?」

と思った。が、1ヶ月も立たずに

 

「うぎゃー うぎゃー」 という赤ん坊の泣き声になっていた。

ああ、赤ちゃんが生まれたんだな、と思った。

 

私は騒音マンションに住んでいるもので、音に敏感というか

過敏になっている。

 

赤ちゃんの泣き声も、耳についてうるさい。

せめて赤ちゃんが泣いている時だけはサッシを閉めて欲しい。

 

ついでに隣は布団を叩く。

つまり、前は奥さんが働いていたので布団もあまり干せなかったのだが

 

赤ちゃんが生まれて、一日家にいるようになった奥さんは

毎日布団を叩くようになったのだ。

 

とにかく我がマンションの自治会は、部屋の騒音に関して、何一つ

行動しない、と明言している。

 

仕方がない。私はパソコンで

「赤ちゃんの泣き声が響きますので、泣いている時はサッシを閉めて下さい。

 また布団たたきは止めて下さい」

 

という文章を打ち、プリントアウトして、隣のポストに入れた。

 

すると、布団たたきの音は止んだ。が、赤ちゃんの泣き声はそのままだ。

赤ちゃんは、そのうち「ママー」と言うようになった。

 

隣の家から「ママー」と言う、赤ちゃんの声が聞こえる。

繰り返すが、私は音に敏感になっている。

 

ある日、エレベーターで赤ちゃんを抱いた隣の奥さんに会った。

私は言った。

 

「あらー、大きくなったわね。ママーって言えるようになったのね。」

 

「聞こえますか?」

と奥さんは言った。

「ええ」と私は答えた。

 

2ヶ月後、隣の家は引っ越していった。

えらいことに、当日、ちゃんと引っ越しの挨拶をしていった。

 

正直な所、私はほっとした。

隣の奥さんはピアノを弾くのである。かなり上手に。

 

上手にピアノを弾く奥さんは、子供にピアノを教えたいだろう。

奥さんの弾くピアノの音と、子供の弾くピアノの音が連弾で聞こえては

たまらない。

 

このように、心がすぐに通じる常識的な家族が近所なら幸せなのである。

が、すべての人がそうとは言えないから不幸が始まる。